ずんだれ台所の蛇口を修理する

台所の流しについている蛇口は、シャワーを付けているんです。
ホースに付いたシャワーではなくて、蛇口の先に取り付けるシャワーなんですが、シャワーとストレートを切り替えられる「シンクシャワ」とか「キッチンシャワ」という商品名の奴です。

ずんだれの家のキッチンシンクには、2つの蛇口がついていて、両方のシャワーが劣化している。

そこで、市販のシンクシャワを買ってきて、取り付けようとして・・・
我が家の流し台の蛇口って、先端が泡沫式(飛び散り防止)になっていて、蛇口の直径が違うのだ。

困ったぞ・・・

2個の蛇口のうち、一個は先端がネジになっていて取り外せる。
ネジで取り付けるタイプを買いに行けば解決する。

しかし、問題はメインの蛇口・・・泡沫水栓なのだが取り外せない。
この径のシャワーが近所のホームセンターにはないのだ。
しかも、蛇口のパイプ自体がグラグラしている。

ナットはシッカリ締まっているのに、蛇口のパイプ自体がグラグラしているのだ。

「こりゃ~蛇口のパイプ自体を取り替えるべきだな。」って事で、スタンダードタイプのパイプを買って、すでに買ってきてあるシャワーを取り付けよう。

とにかく、近所のホームセンターでネジで取り付けるタイプのキッチンシャワと、24センチの蛇口のパイプを購入。

早速ネジ式のキッチンシャワを取り付ける。
完成!

次に、メイン蛇口のパイプを留めているナットを緩めよう・・・
家にあるスパナが合わない。ナットが大きすぎる。
家にあるのは23までのスパナ。ナットはそれ以上の大きさである・・・

家にあったモンキースパナは無くなっている

またしても困ったぞ。

という事で、近所のガソリンスタンドへ

「お~い!モンキー貸してくれ!!」って事で、簡単に借りられた。
不在だったら、自動車の整備工場に借りに行くだけだけど、一発で解決!
(普段から友達には良くしておくもんだ!こんな時に助かる)

モンキーでナットを緩めて取り外して、グラグラの原因が判明した。
パイプを取り付けている部分の樹脂製のリング(パッキンとは違う)が割れている。
新しいパイプを取り付けて完成!

取り付け作業は、蛇口2つで計5分程度。
買いに行ったり、借りに行ったりする時間は計30分程度でした。
しかも、ちゃんと下調べして、シャワーを買いに行っていれば、2度もホームセンターに行く事もなかったのだ。

段取りを十分にしてから、行動を起こすようにしないと、無駄な時間を浪費するって事が身にしみた。

▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  

宮本武蔵の名言

山本五十六の名言

ベンジャミン・フランクリンの名言


ナポレオンの名言

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック