裁判員候補者・辞退続出

裁判員の通知が来て、辞退を申し出る人が続出しているようです。
私も、ドキッとした経験があるので、他人事ではありません。
しかし、「こんな私でよろしければ・・・」って事で、裁判所に行く覚悟は出来ています。

40%以上が辞退


しかし、約29万5000人に通知して、12万人弱の人が辞退を希望するとは・・・
40%以上の人が辞退を申し出た計算になります。
これは裁判所も予想外の事ではないでしょうか?
しかし、一度ドキッとして考え込んだ私には、まだまだ辞退する人が増えると思えるのです。

周知の問題


この状況を見れば、本当に周知が徹底されていたのか?疑問を覚えますね。
しかも、国民には全く認知されていないばかりか、
国民は勝手に押し付けられているって印象なんじゃないでしょうか。

国民の無関心


国民にも責任があると思います。
どこか他人事って感じで、来年の5月から施行される裁判員制度に無関心だったと言う事です。
そして、イザ!通知が着たら「辞退します。」では、無責任すぎる。
話題に上がった時に反対の人は、反対運動をするべきだったと思います。

私の反省


私は、裁判の判決が世論を反映したモノになる事に賛成だった。
私は、出来れば裁判員に選ばれない方が嬉しいと思うが、選ばれたなら国民の義務として、裁判員を引き受けようと思っていた。
皆、私に近い考えだと思っていた。
こんなに辞退者が続出するとは思っていなかった。

裁判員制度


やっぱり、急ぎすぎた決定だったんじゃないでしょうか?
辞退した人には受け入れがたい義務だったのだ。
一度白紙に戻す事も含めて、再検討するべきじゃないかと思います。

私は・・・


何度も繰り返すが私に通知がきたら、「こんな私でよろしければ、よろしくお願いします。」と言って、裁判所に行きます。
しかし、そう覚悟している私でさえ、A4サイズの封筒を見ただけでオロオロしたのだ。
現在、私の元に裁判員通知は届いていない。
今回は候補にならなかったと言う事だろう。
しかし、候補になった人が29万人以上いるのだ。
そのうち40%は、辞退を申し出たのだ。
再検討するべき制度だと思う。
私の葛藤を読みたい人は、以前の記事へどうぞ!
http://zundare.at.webry.info/200811/article_6.html

▼おすすめの商品▼


メッセンジャーバッグ通販Shop

ダブルオープンメッセンジャー

メッセンジャーバッグ通販

メッセンジャーバッグ

ショルダーバッグ激安通販Shop

男屋本舗

男屋本舗 ボトムス

男屋本舗 トップス

男屋本舗 サングラス

男屋本舗 ミリタリー

男屋本舗 靴・シューズ

男屋本舗 サプリメント

この記事へのコメント

2008年12月21日 00:32
CMやテレビのニュースもよく流れますね。
来年5月は裁判員の制度が随分変わるもんですねー。
2008年12月22日 17:46
sisiさん コメントありがとうございます。
まだまだ、周知不足だったように思います。
裁判員制度って、米国などの陪審員制度とは多少違うようです。
導入するには、もっともっと協議が必要だと思います。

この記事へのトラックバック