フードマイレージとは

今日、ズンダレはテレビを見ていました。
NHKです。(ズンダレはNHKを良く見ます)

そこで初めて聞いた言葉がフードマイレージです。
初めて聞いて、興味を持ったのでちょっと調べてみました。

フードマイレージとは、食品の輸送距離という意味で、重量X輸送距離=(単位はトン・キロメートル)で表されます。
フードマイレージは、1994年にイギリスの消費者運動家のティム・ラング Tim Lang 氏が提唱した概念で、フードマイルともいわれます。

日本では2001年に農水省によって始めて導入されました。

調べてみてビックリ!
日本の食品自給率や貿易相手国との距離を考えても、世界中で最もフードマイレージの大きい国だということは想像出来ましたが、思っていた以上の数字でした。

フードマイレージの数値が大きければ大きいほど、食に対して贅沢をしているって事ですが、日本は世界でもダントツの数字です。
農水省が2001年に試算した結果は
(単位はトン・キロメートル)
1位 日本 9002億800万
2位 韓国 3171億6900万
3位 アメリカ合衆国 2958億2100万

日本と韓国が1位・2位を占めている事から、地理的な要素が多分に大きいと推測されますが、それでも日本は、韓国やUSAの約3倍のフードマイレージです。

国民一人当たりのフードマイレージに換算すると
(単位はトン・キロメートル)
日本 7093
韓国 6637
イギリス 3195

総量で第三位だったUSAは、一人当たりのフードマイレージに換算すると、1051トン・キロメートル。

一人当たりのフードマイレージに換算すると、日本と韓国の差は少なくなります。
(それでも世界一の数字なんですが・・・)

世界一食に関して贅沢な国だということは間違いないんですね。
それどころか・・・
「現代の日本人が歴史上のどの時代における、どの国の王侯貴族よりも贅沢な食事をしていることになっている」
と、当時の農水省幹部が語ったと言われています。

消費大国・日本!
食に関したことばかりではありません。

都市鉱山という言葉をご存知ですか?
日本は、レアメタル(希少金属)や金や銀などの貴金属を、携帯電話やパソコンなどの電子部品に姿を変えて保有しているため、日本は世界最大級のレアメタル&貴金属保有国なのです。

食べ物を含めた世界中の資源が日本に集まっているんですね。

ちょっと考えさせられた一日でした。

▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  
リンク
ちゃんちゃん焼
ずんだ
坂本龍馬の名言

"フードマイレージとは" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント