テーマ:読書

今年の秋の目標

秋ですね。 「読書の秋」「食欲の秋」「芸術の秋」など色んな秋があるんですけどね。 読書の秋 やはり秋といえば読書でしょう。 今年の秋は宮城谷昌光氏の著作を読み漁る予定です。 重耳(上) (講談社文庫)講談社 宮城谷 昌光 Amazonアソシエイト by 食欲の秋 加齢とともに食欲は減退気味なんですが、秋になると食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本の紹介・軍師 直江兼続

最近読んだ本の紹介です。 軍師 直江兼続 家康に挑んだ男 星亮一著 成美文庫 直江兼続は、NHK大河ドラマ「天地人」の主人公ですね。 今年になって、一躍脚光を浴びた人物です。 私も、以前から興味があった人物で、別冊歴史読本 直江兼続の生涯などの本を読んでいますが、肝心の「天地人」は、読んでいません。 ドラマを純粋に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運がよくなる77の方法

この間、本屋で偶然見つけた本が面白い。 読むだけで運がよくなる77の方法 リチャード・カールソン著 浅見帆帆子訳 三笠書房王様文庫  という本なのだが・・・ 読むだけで運が良くなるなら読まなきゃ損! と思って購入したのだが、読み始めてから運が良くなったかというと微妙。 運が良くなったかどうかなんて、実感出来るも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西松建設の違法献金事件のシナリオ

先日、白洲次郎氏の「プリンシプルのない日本」という本を読んでいると紹介しました。 今更「プリンシプルのない日本」を読み出した理由については、先日のブログ記事に書いたので コチラで確認してください。 3月1日 白洲次郎の本 そして、面白い内容に行き着きました。 白洲さんが書いている文章で、現在話題になっている「西松建…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白洲次郎の本

現在読んでいる本の紹介です。 白洲次郎「プリンシプルのない日本」 なぜ、今この本を読んでいるかというと・・・ 実は昔から読みたいと思って、文庫本を購入していたのですが、デッドストックになりかけていました。 現在、政治不信で麻生総理が、マスコミに叩かれています。 マスコミも世論も野党も・・・そして自民党内でも「麻生降ろし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国古典名言集を読んで

最近読んだ本の感想です。 私は毎月10冊以上の本を読むのですが・・・ 雑誌も含めると、毎月20冊以上の読書量かも知れませんね。 30歳までは漫画ばかり読んでいたのですが、30過ぎてからは文庫本が多くなりました。 漫画を読んでいたときは、「ヤングマガジン」「ヤングサンデー」「ビッグコミックスピリッツ」「ビッグコミックオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の読書傾向

最近の読書の傾向では、歴史関係の書物が多いように感じています。 中国の春秋・戦国時代がテーマの本だったり、日本の戦国武将の本が多い。 来年、NHK大河ドラマ「天地人」の主人公・直江兼続の本も、もちろん読みました。 「天地人」を読まない理由は、大河ドラマを見てから読みたいと思っている。 大河ドラマを楽しみたい。予備知識ゼロで楽しみ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more