テーマ:生き方

白洲次郎の本

現在読んでいる本の紹介です。 白洲次郎「プリンシプルのない日本」 なぜ、今この本を読んでいるかというと・・・ 実は昔から読みたいと思って、文庫本を購入していたのですが、デッドストックになりかけていました。 現在、政治不信で麻生総理が、マスコミに叩かれています。 マスコミも世論も野党も・・・そして自民党内でも「麻生降ろし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

諦めたらそこで終わりなのか

イロイロと名言集などを良く読むのですが、「諦めたらそこで試合終了。」「諦めたらそこで終わり。」という言葉をよく見かけます。 出典は、大人気コミック「スラムダンク」のようである。 ちなみに私は、若い頃バスケットボールのプレーヤーでした。 といっても、地元周辺でちょっとだけ名前が売れていた程度ですが・・・ 私の話は関係な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国古典名言集を読んで

最近読んだ本の感想です。 私は毎月10冊以上の本を読むのですが・・・ 雑誌も含めると、毎月20冊以上の読書量かも知れませんね。 30歳までは漫画ばかり読んでいたのですが、30過ぎてからは文庫本が多くなりました。 漫画を読んでいたときは、「ヤングマガジン」「ヤングサンデー」「ビッグコミックスピリッツ」「ビッグコミックオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塞翁が馬

「人間(じんかん)万事塞翁が馬」という言葉を聴いたことがあると思う。 人間は、「にんげん」ではなく「じんかん」と読む。世間とか人の世という意味らしい。 中国では、「塞翁失馬」で通じるらしい。 これは、中国の故事に由来する言葉で、 むかし、国境地域の塞付近に翁が住んでいた。 昔の中国では、40歳くらいで翁と称する事が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more